LEVI STRAUSS JAPAN

VISION

VISION | 経営方針

事業のさらなる拡大を目指して

2013年11月期は、リーバイス® ブランドのコア商品である501®ジーンズをリニューアルし、プレミアム戦略をさらに確固たるものとしました。
今期は前期に引き続きマーケットニーズにあった商品をセグメントされた市場に向けて、“Head to Toe”(トップスとボトムスのコーディネーション)でライフスタイルを提案し、事業のさらなる拡大を目指してまいります。

昨年度の実績と今後のヴィジョン

2013年11月期の大きな取り組みとして、リーバイス® ブランドのプレミアム戦略のアイコン商品である501®ジーンズをリニューアルしました。2月に全世界同時に発売し、成功を収めました。一方、下半期では、夏季は記録的な猛暑でコア商品であるロングボトムが苦戦し、秋季は例年以上に毎週末のように台風が上陸するなど天候に大きく左右され、残念ながら事業計画が想定通りには進みませんでした。

しかしながら2013年は、今後の戦略の基盤となる定番商品が強化されたことに加え、日本のマーケットに合わせ、都市部、郊外部のセグメンテーション戦略を本格化させそれぞれのマーケットにおける成長機会を見つけることができました。これは、2014年以降の成長に向けての好材料になったと確信しています。ノンデニム商品においてはトップスやカットソー、シャツ類など夏の軽衣料が伸び、また「MADE & CRAFTED™」のプレミアムラインは、クオリティやデザイン性が都市型のマーケットに受け入れられ、こちらも市場性につき確認できました。

2014年はライフスタイルの提案に注力し“エキサイトメント”のあるブランドに

2014年は市場のセグメント化に伴う商品ラインナップの再構築をさらに追求し、成長を実現したいと考えています。特に季節商品をセグメント化し、“Head to Toe” でライフスタイルを提案していきます。そのため、今春よりライフスタイルを提案する広告キャンペーンを企画しています。女性向け商品に関しては、昨年8月にリリースしたフィットを備え、美しいボディラインを演出するジーンズ「LEVI’S® REVEL™」がファッション感度の高い女性のお客様に受け入れられました。その機能性を訴求するのと同時に、スタイリング提案を行いながら、マーケットを拡大していきます。

3年前の社長就任以降、コアとなるデニムラインの強化は順調に進んでいます。販売面で、厳しい状況においても安易にディスカウントしなかったことで、ブランディングが強化されお客様に支持を頂いたと感じております。そして次のステップは、ブランドとしての“エキサイトメント”です。今年はリーバイス®が生まれたカリフォルニアのライフスタイルを打ち出すことで、定番商品による信頼感の上に、魅力的でファッショナブルな要素を加え、ブランドに躍動感を与えてまいります。