LEVI STRAUSS JAPAN

ABOUT

PRODUCTS AND STORES | 商品と店舗の概要

ジーンズが誕生したのは、1873年5月20日。
その日は、今もリーバイス® ジーンズに刻まれています。

ワークパンツとして誕生したリーバイス® ジーンズの最大の特徴は、リベットでポケットが補強されている点にあります。

リーバイ・ストラウス&カンパニーが、「衣料品のポケットの補強に金属リベットを使用する方法」に関する特許を取得した1873年5月20日は、現在もリーバイス® ジーンズのレザーパッチに刻まれています。
その後も、リーバイス® ジーンズには、衣料品の商標として最も古い「アーキュエット・ステッチ」、耐久性を保証する「ツーホースパッチ」や、他のジーンズと差別化するための「レッドタブ」など様々なディテールが加えられ、1890年にはロットナンバーとして「501®」が初めて商品に付けられました。

その多くは、それがリーバイス® ジーンズであることを示す商標として登録されています。

リーバイス® ジーンズのディテール

  • イメージ:リベット
    リベット

    1873年、リーバイ・ストラウス&カンパニーは「衣料品のポケットの補強に金属リベットを使用する方法」に関する特許を取得しました。リーバイス® ジーンズが「オリジナル・リベッテッド・クロージング」と呼ばれているのはこのためです。

  • イメージ:ツーホースパッチ
    ツーホースパッチ

    1886年、品質保証書としてレザーパッチが縫い付けられました。ツーホース・マークは、たとえ2頭の馬が引っ張っても破れない、リーバイス® ジーンズの丈夫さを示しています。

  • イメージ:レッドタブ
    レッドタブ

    1936年、大量に出回っていたリーバイス® ジーンズの模倣品と区別するため、右のバックポケットに「レッドタブ」が縫い付けられました。1971年以前はビッグE(LEVI’S)、それ以降はスモールe(LeVI’S)を使用しています。 ®のみを表記したタブもあります。

  • イメージ:アーキュエット・ステッチ
    アーキュエット・ステッチ

    1873年、バックポケットに、リーバイス® ブランドの代表的トレードマークのひとつである「アーキュエット・ステッチ」が縫い込まれました。第二次世界大戦中は、政府の物資統制によって糸の無駄遣いと見なされ、ペンキで描かれたこともあります。

リーバイス® ジーンズの主な商標

商標は、それが高品質で本物のリーバイス® ブランド商品であることを示す重要なもので、会社の財産でもあります。リーバス・ストラウス&カンパニーは、コピー商品の取締りや類似商標の差し止めなど、世界各国で商標の保護に取り組んでいます。

  • イメージ

    LEVI’S® の文字の入ったタブとアーキュエット・ステッチの付されたバックポケットの商標
    登録商標 第1592525号

  • イメージ

    タブとアーキュエット・ステッチの付されたバックポケットの商標
    登録商標 第2006244号

  • イメージ

    アーキュエット・ステッチ型商標
    登録商標 第2205094号

  • イメージ

    LEVI’S® の文字の入ったタブの商標
    登録商標 第0685090号

  • イメージ

    数字の商標
    登録商標 第2624101号

リーバイス® ブランド商品

501® ジーンズ(メンズ・レディース)をはじめとするベーシックジーンズをはじめ、歴史に残る様々なリーバイス® ジーンズを復刻した「ウィンテージ・クロージング」、新しいライフスタイルを提案する革新的な商品をラインアップしています。さらに、そうしたボトムスとコーディネートできるトップスのバラエティも充実しています。

店舗イメージ

全国にリーバイス® ストアを展開し、
リーバイス® ブランドの世界観を発信しています。

1999年、東京・原宿にオープンした第1号店を皮切りに、リーバイス® ブランドの世界観が濃縮された全国主要都市の「リーバイス® ストア」を通じ、消費者に発信しています。